無限探求打楽器奏者『ワイパー・イトウ』ブログ

北海道札幌市在住、打楽器奏者「ワイパー・イトウ」のブログ。 ●●●レッスン生募集中●●● 詳細はこちら → http://wiper-ito.hatenablog.com/entry/2017/06/28/005437  Facebook → https://www.facebook.com/akira.ito.3154  YouTube "Wiper-Ito Channel" → https://www.youtube.com/channel/UC58hZcSnJJho6R6EYTIjvBQ?view_

地球に手〇ンした日。

2018.8.29より北海道札幌市民から同・赤井川村になったことで、たまちゃんのお宅にかなりの日をお邪魔している。

 

 

さて、

 

 

たまちゃん宅には、家庭菜園というには少し大きめサイズの畑がある。 

たまちゃん家は3人住まいであるが、3人分にしては多い作付面積だ。

なので、毎年この時期は「収穫戦争」と呼ばれる幸せだけれど苦しい戦争が起きる。

「収穫が追い付かない」

「消費が追い付かない」

「保存食調理に手が回らない」

の三重苦である。

 

で、今年は僕が赤井川村にいるので、手が空いた時間は収穫作業をすることにしている。

 

 

今日殺ったのはジャガイモだ。

 

ジャガイモ堀り機なんて良いものがあるはずもなく、シャベルでひたすら掘る。

雑に大きいイモだけを獲っていけばそんなに時間もかからないのだが、今年は不作なので丁寧にクズイモも獲っていかなければ収量が見込めない。なので、半列(5mくらい?)やるだけで1時間半もかかった。

 

 

 

で、本題、

 

『ジャガイモ掘りの最中に気づいたこと。』

 

 

 

畝(うね)に側面に沿って深くシャベルを突き立てる。そして、シャベルをテコの原理で少し後ろに倒して、そのまま細かい振動を与えてあげると土が崩壊してイモが勝手に表面に浮き上がってくる。

 

 

 

そのとき思った。

 

 

 

「これ、手〇ンじゃん。」

 

 

 

大地は女性性シャベルは男性性

 

シャベルが大地に入り込み、細かい振動を与えると、大地は自ずと崩壊し土の塊から大地全体に還る。そして、エクスタシーの証・イモが登場する。

 

 

ああなんということだ!

今日僕は地球に手マ〇してしまったのだ!

何と言う歓喜、何と言う歓喜!ギアノンド、ギアノンド!

(↑最近はこれを流行らせようとしている。)

 

 

 

「地球に〇マン」って笑い話のように書いているけれど、

大真面目な話よ。

本当にそう思ったの。

 

 

 

実は、今日の収穫に向かう直前に強いインスピレーションが湧いてきてたのだ。

 

 

「豊作である畑を掘るから豊作なのではなく、『自分が掘るところが豊作になるのだ』と信じているから豊作になるのではないか?」

 

 

僕らの宇宙は、絶えず崩壊と構築が行われている。それはあたかもパラパラ漫画のようなもので、全く関係のない2枚以上の絵が間が認識できないほどのスピードによって入れ替わっていくことによって、僕らはそこに連続性・時間を感じる。

 

その理屈でいうと、「あ~今年は全然育たなかった。不作だな~。」と思ったとしても、本当に不作だったかどうかは掘ってみるまでわからない。いや、結果は掘る者にかかっている。

 

 

そこでさらに、次のようなインピレーションが湧いてきた。

 

 

女性性は「金脈」など富の象徴であり、それを育むことはできる。

しかし、どんなにそれを大きく育むことができたとしても、それを現実化させるのは男性性の仕事なのである。

金脈はどんなに豊かでも放っておけば土に埋もれたまま。なので掘り起こしてあげる必要がある。

 

 

女性性の仕事は、

「自分の金脈を育むこと。守ること。自信を持つこと。誇りに思うこと。」

 

 

男性性の仕事は、

「その金脈は豊作なのだと信じること。美しさ、ありがたみを感じること。自分が掘ったところが豊作になるのだということを信じること。」

 

 

 

 

掘られる喜び。掘る喜び。

 

 

掘られる悦び。掘る悦び。

 

 

掘られる歓び。掘る歓び。

 

 

 

 

今も流行っているのかわからないけれど、一昔前、「女性のオ〇ニーを広めよう!」みたいな運動が一部で活発化した記憶がある。

女性のオナ〇ーとは、女性が自身の身体を使った、自身の男性性女性性による疑似収穫祭なのだね。自身の女性器がどれだけ豊かで美しくてありがたくて感動的なものかを実際に手を使って味わってみよう、そして耕してみよう、というね。

 

そう考えると、男性の〇ナニーって建設的でないのかもしれない。男性は金脈を元から持っていないからね。まあ、いうなれば「シャベルを研ぐ作業」みたいなもんか。研ぎすぎるとなくなっちゃうよ、みたいな。

 

 

 

農業というのは、地球相手の壮大なセッ〇スであるなぁ。そして、宇宙法則が流れているところ。

 

物理学者さんは、

とりあえずイモ掘ったらいい

と思うよ。

 

 

 

 

 

ワイパー