無限探求打楽器奏者『ワイパー・イトウ』ブログ

北海道札幌市在住、打楽器奏者「ワイパー・イトウ」のブログ。 ●●●レッスン生募集中●●● 詳細はこちら → http://wiper-ito.hatenablog.com/entry/2017/06/28/005437  Facebook → https://www.facebook.com/akira.ito.3154  YouTube "Wiper-Ito Channel" → https://www.youtube.com/channel/UC58hZcSnJJho6R6EYTIjvBQ?view_

やはり、楽器は職人が作ったものがよい。

楽器は、職人の魂がこもっていなければならないのだ。

 

今日は(というか昨日8/25)たまちゃんの旦那様で、建築士であり、家具職人であり、カホン職人である濱田敏朗さんに会いに行ってきました。

 

8/29にライブで使うカホンを選びに来たのです♪

 

 

 

f:id:wiper_ito:20170826000438j:plain

眼 福 。

職人の作った楽器を並べて眺めるのは癒しである。

 

売れてしまったため現在の在庫はこの5台だけですが、今度はマイク内臓カホンなどの新製品を考えているそうです。

  

敏朗さんはホームシアターオーディオを自作してしまうほどのオーディオ通でもあります。その知識がカホン作りにもがっつり生かされています。

  

どのカホンも低音が充実していて、音色の幅もものすごく広くて、演奏していて楽しいです!

 

なお、この日は、その自作オーディオセットで映画「マトリックス」を見て(聴いて?)その音質の良さに ほ げ ー っ となりました。

  

  

 

f:id:wiper_ito:20170826000456j:plain

このカホンが今回僕が気に入って購入したもの。

市販のカホンより1.3倍くらい奥行きがあって、めっちゃ太い低音が出ます。

打面材も柔らかくて、音色変化ピッチベンドの幅が広いです。(材はなにか聞くの忘れました。)

さらに、打面が叩きやすいように奏者側に向かって傾斜しているという、背部を痛めがちなカホン奏者にとってはありがたい設計になっています。

 

 

 

f:id:wiper_ito:20170826000513j:plain

こちらのカホンも併せて購入しました。

すごくコンパクトで浅胴のかわいいカホンです。

小さくて座れないので、膝に抱えて演奏しましたが、脇に抱えたり、スネアスタンドに載せてドラムセットに組み込んでも面白そうです!

ブラシでゴシゴシするのも楽しいかも。

  

 

 

 f:id:wiper_ito:20170826000534j:plain

こちらジャンベカホン

マイクを使用することを想定して、穴が横に開けられているのがミソ。

ジャンベやコンガに慣れている人は、そのまま全ての奏法が転用できて便利!

  

  

 

f:id:wiper_ito:20170826000545j:plain

こちら、小さなピラミッドのような不思議なデザインのカホン

これも脇に抱えて演奏するのが丁度いいくらいのミニサイズですが、意外にサスティンの伸びが良く、実用的な音がします。

ノーマルカホンより軽く、でも低音高音のコントラストのはっきりしたサウンドが欲しい、なんて時に重宝するかも。

  

  

  

f:id:wiper_ito:20170826000557j:plain

敏朗さんとワタシ。

背格好や体型がなんとなく似てるのは気のせいでしょうか。

  

 

 

f:id:wiper_ito:20170826000603j:plain

オリジナリティのあるカホンにこだわりたい人は、

あさひ丘工房へようこそ!

  

  

  

  

ワイパー